営業専門家による貴社の販路拡大をお手伝いするコンサルティング会社です。

営業専門家

営業専門家の必然性

経営のバージョンアップ
成長市場から成熟市場へ日本は大きくシフトをしました。
少子化、高齢化社会と社会環境も様変わりし、ネット社会の定着化など様々な要素が経営環境を激変させています。
国内ビジネスを継続される皆様は、変革に向けての対策をスタートされましたでしょうか!?
img6
必然ではない企業成長
数字の伸びが期待できた商材やサービスであっても「寿命は短い」「競合が現れ価格競争がすぐに始まる」とお嘆きの方も少なくありません。折角獲得した販路でさえいつまでも続くという保証もないというのが普通。当たり前だった〝企業成長〟が当たり前ではなくなりました。
img9
継続経営の準備
それはかつて行われてきたPRや売り込みという単純なモノではなく、市場を知り、顧客の声に耳を傾け、常に次の商材や付加価値サービスを備えておくことや、企業価値を高めるための対策、得意先を繋ぎとめておくための活動や新規客への販促活動などの日常化です。
img8 (1)
R&Dへの効率的投資
ご存知のようにこの活動をR&D(Research & Development)と呼び、すでに医療業界では売上の10%をこの投資に充てる企業もあります。かつては大手企業や競争の激しい業界でしか必要でなかったこの活動が、個人事業や数名の小規模企業でも必要になったと言えます。
img7

営業専門家を選ぶ5つの条件

経験はあるか!?
法人営業の実務経験や、一般消費者向けのダイレクトセールス、店頭販売等の経験並びに成績優秀や失敗などの経歴がある。
 
★ここが注意!
業界特化型の営業専門家は共通言語や業界理解の点で安心だが、業界外のニーズや営業企画に広がりがなく指導のワンパターン化に注意が必要。
コミュニケーション力はあるか!?
話術やパフォーマンスは勿論、道具(web.、紙媒体、Eメール他)の活用などにも精通している。
 
★ここが注意!
道具屋(設備機器やソフトorシステム会社)と結託した紐付の営業専門家や、web制作や広告販売目的の営業コンサルタントには危険が一杯。
人としてはどうか!?
人としての態度や振る舞いを始め、服装や容姿に至るまで好印象を与えることが出来る人である。
 
★ここが注意!
奢りは眼力の精度を落とし、うがった見方や独善的な判断に偏ってしまう。カタカナやアルファベット理論で上に立とうとする営業専門家は怪しい。
img22
共感力や主張力
相手に関心を持ち、しかし自分を見失わない。相手の想いや利害に寄り添うことができ、尚且つ主張を辛抱強く行う努力が出来る人である。
 
★ここが注意!
自己理論や流行ばかりを唱え、成功体験を押し売りする人は注意が必要。確認やケアなどあなたへの気遣いがあるかどうかを見極めるべき。
現場力
経営にとって、事業にとって、社長にとって、社員や株主にとって、お客様にとってなど様々な視点を有効に使いこなし、短中長で〝事〟を提案出来る人である。
 
★ここが注意!
経営現場は結局すべて人が動かしている。人に対する理解が乏しく、人を起点にモノやお金について語らない営業専門家は専門家とは言えない。
img23

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-5833-8297 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 山田英司事務所 All Rights Reserved.