個性簡易診断TOP 無料診断 すべての診断結果を解説 さらに詳しく分析 本診断提供者のプロフィール 本診断提供者の事業内容
  • 1958年生まれ大阪出身。学生時代は剣道やフェンシング部所属。龍谷大学法学部卒。
  • 婦人服製造卸業にて生産・営業・MD職。
  • 28歳で転職。羽毛布団や教材の訪問販売業にて厳しい営業の世界を経験。
  • ワインの訪問販売業に転職、全国トップセールスになる。
  • その後、広告代理店に転職。販売促進のイベント企画担当。大手食品メーカーのブランド戦略や外資系企業のマーケティング企画を担当。
  • 1991年イベント等の実施事業で独立。2年後、同社代表権を副社長に譲り、販促企画会社やマーケティング会社を2社起業し失敗。
  • 2000年インターネット営業戦略セミナーで全国7大都市にて経営者5000名以上を集客。
  • 同年、中経出版より「売れる売れるインターネット営業戦略」を執筆。
  • 2001年アスカ出版より「なぜ、自分の営業はうまくいかないのか」にてIT化で急激な現場変化に混迷する営業パーソンに向けた指南書を執筆。
  • 2001年 営業専門の伴走型コンサルティング事業として山田英司事務所を設立。経営相談や営業パーソン向け研修など様々なアドバイス・会議オブザーバー・トレーニング等の活動をスタート。
  • 2002年 実名入りで小規模企業の販路拡大ストーリーをまとめた「180日間売上拡大日記」をフォレスト出版にて執筆。
  • 2003年 日本印刷技術協会にて専任講師となる。 同年、印刷業支援の一環で販促ツールの企画&デザイン制作専門の新規開拓支援センターをスタート。
  • 2004年「営業の基本と常識」をフォレスト出版にて執筆。
  • 2005年 印刷業の営業指導に特化した「新規開拓Q&A」効率の営業編・効果の営業編を日本印刷技術協会より執筆。 この頃から変革期の印刷業に指導活動を集中。
  • 1998年頃から経営活動の傍ら実験心理学や認知心理学の大家から学び、人の性格分析などに関する検証をスタートしコミュニケーショスタイル診断を開発。
  • コンサルティング活動の一環でチーム理論の研究を並行で行い、心理学理論を応用した4タイプ分類法や8つのコミュニケーションスタイルを使ったマネジメントプログラムを開発。
  • 2016年 復興庁とオリンピック・パラリンピック等経済界協議会より「ハンズオンプロジェクト(小規模企業の販路拡大指導)」を受託。
  • 大船渡・山田町・釜石・大槌町・気仙沼・東松島・石巻・いわき・四倉・相馬などの商工会議所や商工会と連携し小規模企業の経営者に向けた伴走型の販路拡大指導を実施。
  • 2018年「めんどうな女子社員の扱い方」同文舘出版より執筆。
  • 2020年 経営の効率化を図り、山田英司事務所と新規開拓支援センターを統合し販促ツール社をスタート。現在も活動中。